龍高飯店HOME メニューご紹介 西葛西店ご案内 お客様の声
ご近所探訪葛西地区  

お客様の声

バックナンバーNo.1
 「龍高飯店」は、1996年8月に開店以来、今日まで、美味しい料理を手ごろな価格でご提供してまいることができました。これもひとえに多くの皆さまのご愛顧のお陰と感謝申し上げます。

 このページでは、お客さまからお寄せいただいた声をご紹介してまいりますが、まず手初めに、東京龍舟(Tokyo DRAGON)の青木さん(写真左)、斎藤さんにご登場いただきます。

 「龍高飯店」のご感想、ご意見をお寄せください。
 投稿フォームをご用意いたしました。こちらをクリックしてください。掲載させていただいた場合には、お食事券2000円分を差し上げます。
お客様
水上練習のあとは「龍高飯店」で栄養補給、鋭気を養う

 荒川で毎週土・日曜日に、ドラゴンボートの練習をしていらっしゃる「東京龍舟」メンバーの青木さん、斎藤さんにお話をうかがいました。
 お2人は、他のお仲間と一緒に、練習後はよく「龍高飯店」をご利用いただいています。青木さんは、上司の方に連れられて担々麺を召し上がって以来、お気に入りにしていただいているとのこと。また、斎藤さんは、ドラゴンボートの練習後に来店なさったのが始まりだそうです。
 ドラゴンボートについては、あとでご説明するとして、店の感想をうかがったところ、
 「日本人がアレンジしたものでない本物の中国家庭料理」を「安い価格・ボリューム満点」で楽しむことができる、というのが、お気に入りの理由だそうです。「店長さんはあたたかいし、面白いし」と付け加えておっしゃるお2人に、お気に入り・おすすめの料理をお尋ねしたところ、
「腰果鶏丁(鶏肉、クルミとカシュナッツ炒め)」
「鮑魚海鮮桧飯(あわび海鮮土鍋かけご飯)」
「香港魚翅桧飯(フカヒレの贅沢土鍋かけご飯)」
「京醤肉絲(豚肉と葱の中華味噌炒め」
「蝦蟹春巻(中国東北のジャンボエビ蟹春巻)」
「東北鍋貼(東北田舎のジャンボ鉄鍋焼餃子)」
「小龍包(上海名物スープ入りショウロンポー )」
「炸花巻(揚げ花巻)」・・・
 出てくるわ出てくるわ。ほんとに良くご存知なんですね。
 唯一の悩みは、練習後に来店するときは人数が多いので、夕方5時の開店早々に入店しないと、席が確保しにくいことだそうです。

 さて、ドラゴンボートについて、

1997年タイスワンボート大会
1997年タイスワンボート大会
1997年タイスワンボート大会での東京龍舟
(写真提供:斎藤様)
[由来]
 中国の戦国時代、楚の国で、政治の腐敗を嘆いて入水自殺した憂国の詩人・政治家屈原を慕う漁民たちが何十隻もの小舟を出して遺体を捜しました。以来、毎年旧暦5月5日(屈原の命日)に屈原を偲ぶ競漕が開催されるようになったのがドラゴンボートの始まりで、中国南部を中心に、各地で受け継がれてきました。
 その一部は東南アジア等各国に伝わり、琉球のハーリー、長崎のペーロン、タイではスワンボートとして競漕が盛んに行われています。
 これら伝統的なドラゴンボート競漕をもとに、1976年の香港国際龍舟祭りでスポーツ競技化され、世界統一規格の競漕として行なわれるようになったのが現在世界各地で行なわれているドラゴンボートです。
 「櫂を艇に固定しないで複数の人間で漕ぐカヌータイプの艇」というのが、ドラゴンボートの要件で、レースの基本型は、22人乗り(こぎ手20人、太鼓1人、舵1人)、距離はレースによって異なりますが、250m-550mぐらいです。
 (参考)ドラゴンボートの部屋

[東京龍舟]
 主に日系企業の駐在員として香港駐在中にドラゴンボートの楽しみを知った方々が、帰国後日本でも漕ぎたいと、1993年5月に「東京龍舟(Tokyo DRAGON)」を設立しました。
 会員はほとんどが社会人で、水上練習は3、4月から10月までの土・日曜日12時に新左近橋下の艇庫前に集合し、荒川で日に十数人ずつ交代で行なっているとのこと。平均年齢は35歳で、22歳から50歳の方まで、年齢構成はバラエティに富んでいるそうです。
 東京大会(250m)、大阪大会(日本選手権、500m)をはじめとする国内大会のほか、国際大会にも数多く参加して優秀な成績を収めています。お得意は男女混合の部とのことで、2001年7月22日に開催された大阪大会でも混合の部で優勝し、2002年のアジア選手権大会出場権を獲得しています。
 練習すると、背筋がかなり痛くなるそうですが、毎週頑張って練習なさっているとのことで、その魅力を尋ねると、
青木さんは「”We are in the same boat”を地でいくように、仲間との一体感を感じられるところが素晴らしい」とおっしゃり、
斎藤さんは「スポーツジムなどと違って、多くの人と一緒なので楽しい。初心者でも十分楽しめるし、年配の方もOKというところが良い」と話してくださいました。
 2001年8月には、日本を代表して、第4回世界選手権大会(アメリカ・フィラデルフィア)にも出場し、意気盛んなお2人。
 美味しい料理を楽しく召し上がって、ぜひ頑張ってください。

東京龍舟練習風景  4月のある土曜日、水上練習を見学させていただきました。
 この日はあいにく強風のため、荒川での訓練は取りやめ、新左近橋下で、艇をロープで固定しての訓練を見せていただきました。左近川アリーナの中を移動する勇姿を撮影させていただくこともできました。
 見るからにハードな練習ですが、皆さん、とっても楽しそう。
 お子様連れでご参加の方もいらっしゃって、ピクニック気分もそこそこありました。
 東京龍舟では仲間を募集しているとのこと、貴方もいかが?
(取材:June)
[東京龍舟ホームページ・お問合せ先]
 Tokyo DRAGON Home Page
 maeshima@ma2.justnet.ne.jp
東京龍舟練習風景
 「龍高飯店」のご感想、ご意見をお寄せください。投稿フォームをご用意いたしました。こちらをクリックしてください。掲載させていただいた場合には、お食事券2000円分を差し上げます。

 今後とも皆さまに親しまれますよう精一杯のサービスを心がけてまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

戻る

メニューご紹介西葛西店ご案内お客様の声ご近所探訪[葛西地区]トップページ

龍高ゼネラルサービス株式会社
〒134-0088 東京都江戸川区西葛西7-3-2  TEL 03-3804-3983
E-mail info@ryukohanten.co.jp
(C)copyright ryuko-generalservice Ltd. 2001-2014